ニオイの計測・管理はヒトの臭覚による官能検査が主体で、環境問題などに迅速かつ簡便に即対応できないのが実情です。e-nose(イーノーズ)はニオイを定量化・数値化し、その数値をもとに多角化に解析する、最も進んだニオイ測定装置です。オンリーワンの技術に加え、測定コンディションを安定させる技術、誰もが簡単に使える操作性を備え、基本性能を重視。また見えないニオイを比較・視認する表示機能も充実。さらにパソコンを使って測定データの保存・管理・編集ができます。

臭気センサには、安定して信頼性が高い金属酸化物半導体を採用。ニオイ分子の酸化還元反応を利用して、還元性のニオイをセンシングします。ヒーターを約400℃まで高温にすることで、ニオイ分子の吸脱着を活性化し、温度や湿度の環境変化の影響を軽減します。金属酸化物半導体の表面にニオイ分子が吸着すると、その電気伝導度が良くなり抵抗値が低下します。その抵抗値変化を負荷抵抗を通して電圧変化として出力します。
イーノーズには、軽質系のニオイ分子(分子量の小さい)に対して高感度なセンサと、重質系(分子量の大きい)に対して高感度なセンサの2種類を搭載しています。軽質系のニオイ分子の代表例はエタノールであり、重質系のニオイ分子の代表例はベンゼン系の芳香族化合物です。

e-noseロゴ
e-nose データ転送画面

ロガー表示

データ取り込み

e-nose 履歴再生画面
e-nose 臭気指数画面

臭気指数表示画面

リスト 画面
e-nose data 履歴リスト画面
e-nose リスト画面

■PC(パソコン)ソフト

■グラフ表示・履歴表示
 
見えない臭いの比較・確認が簡単にできます。

 大きく見やすいカラー液晶画面にはガイド(Guide)・ベクトル(Vector)・リスト(List)・ロガー(Logger)・指数(Index)・6段階
 臭気強度(6level)の画面を表示し、その画面を見ながらにおいの比較・確認が行えます

■安定した測定技術
e-nose PCリアルタイム測定画面

リスト表示

ベクトル表示
e-noseとは 原理説明用ロゴ

横軸に臭香指数、縦軸に強度(センサ値)をとり、予め設定した検量線をこのグラフ上に表示します。
強度と検量線の交点を下におろた値が臭香指数となります。
また左下の数値で臭香指数を表示します。

e-nose センサ原理説明
MobileU

■推奨キット構成

面倒なセンサ洗浄を自動化

電源投入後や測定直後に行うセンサ部の洗浄作業を自動化することで、ついうっかり忘れてセンサの臭気固着や劣化を招く事を軽減します。センサ部の洗浄状態はマイコンが自動判断し画面表示します。現場でのにおい測定待ち時間は「約1分」、常に安定した測定コンディションを保ちます。

■定期校正

e-nose ベクトル説明図
e-nose Vector 履歴ベクトル表示画面
■オンリーワン(特許取得)
HOME
製品紹介
機能・仕様
価格問合せ
お問合せ
知的財産
技術資料
FAQ
カタログダウンロード

機器本体、フィルタユニット×1ケ、詰換用活性炭×2ケ、吸引ノズル×1ケ、吸引フィルタろ紙×10枚、密栓用キャップ×3ケ、ACアダプタ×1ケ、通信用ケーブル(USB)×1ケ、ショルダーストラップ×1ケ、CDディスク×2枚

■セット内容

横軸に重質系センサ値、縦軸に形質系センサ値をとり各センサ値の合成ベクトルを表示します。
ベクトルの長さが強度、角度が香質になります。
また左下に臭香指数値を表示します。

●測定データを管理・編集
測定データはUSB接続で簡単にパソコンに読み出しCSV形式にて保存されます。
そのデータはリスト、ロガー、ベクトルに編集され、リプレイ、比較、印刷が簡単に行えます。
また、そのままプレゼンに利用でき便利です。
●リモート操作
パソコンと本体をUSB接続して、リモート操作することで測定、モニタ、設定が本体から離れた位置で行えます。
(ExpertU、IntegralU)
e-nose リアルタイムベクトル画面
ベクトル画面

測定時間経過をグラフで表示します。
バッテリ残量、メモリ残量、測定時間、
測定間隔(rate)を表示します。

ガイダンス画面
ExpertU
●ユーザ検量線データ作成
プリセットされた3種類の指数検量線とは別に、ユーザーがニオイと嗅覚との相関をとった指数検量線データを作成し、本体へ転送することで、臭香指数の測定を迅速、かつ簡単に行えます。
(ExpertU、IntegralU)
●硫黄系・アンモニア系の成分解析
2種類(重質系、軽質系)の臭気センサと、硫黄系(ExpertU)、硫黄系+アンモニア系(IntegralU)のセンサを搭載した装置はニオイ測定と同じタイミングで簡易成分測定が行えます。 臭気センサと成分センサとの相関を解析することで、ニオイの識別が可能になります。
(ExpertU、IntegralU)

弊社ではイーノーズ製品の定期校正をお勧めしています。定期的に校正を行うことにより、計測したデータは、より正確で信頼性の高いものになります。
弊社は定期メンテナンスと定期校正を通じて、1台のイーノーズ製品を末永くご愛用頂けるようサポートしていきます。校正試験受付は、販売店または弊社までお問い合わせ下さい。

ニオイの強度を6段階臭気強度表示相当値で表現したいときに使用します。
通常強度測定値の平均値をベースに棒グラフで6段表示しますが、強度測定値のピークホールド値によっても参考値として矢印で示します。

縦軸に強度、香質をとり、横軸に測定時間を取ったグラフです。
強度を太い青の線で、香質を細い青の線で表現しています。
時間経過での強度、香質の変化が判ります。

e-noseとは
IntegralU
保守/消耗品一覧

測定日、測定時間、香質(Fと表示)と、強度(Sと表示)を数値で表示します。
黄色文字の“Now”欄が現在の測定データです。
以降の値が過去の測定データです

アラーム設定

e-nose アラーム設定画面

独自の2センサ方式(感ガス特性の異なる2つのセンサ)がニオイの質と量を独自のニオイベクトルに表現し、香質と強度を同時に測定します。
 [香質]はベクトル角にて表し、軽質系のニオイはベクトル角を大きく、重質系のニオイはベクトル角を小さく表現します。
 [強度]はベクトル長にて表し、ニオイの濃度が濃い場合を長く、ニオイの濃度が薄い場合を短く表現します。

e-nose 6段階臭気強度表示画面

6段臭気強度画面

e-nose mobile/expert/integral オプション品一覧画面
e-nose ガイダンス画面
会社概要
e-nose 測定情報表示画面
e-nose 測定準備画面
e-nose 設定メニュー画面
e-nose TOPメニュー画面

豊富なPCツールソフトを使って測定データの保存、管理、解析、編集ができます。

e-nose パソコンソフト画面
e-nose リアルタイムロガー画面

個人情報保護方針

Copyright (C) 2014 e-nose Instruments co., Ltd. All Rights Reserved.

TOPへ

■測定原理

e-nose 消耗品 保守部品 link

ロガー表示画面

■簡便な操作性
幅広いにおいに対応する為、質と量の情報を同時にセンシング

 操作に応じたファンクション・キーが画面に表示、携帯電話と同様な[画面対話式]にて操作は簡単です。設定操作はカーソル・キーを測定時間や記録間隔などのメニュー画面から様々な測定シーンに対応します。親切なガイダンス表示は画面を見ながら操作ができ安心です。

■消耗品・保守部品

■画像

リアルタイム表示例

e-nose 洗浄画面
e-nose 洗浄完了画面
e-nose 洗浄エラー画面